土のうの注文【スムーズな申し込みができちゃう】

MENU

土木工事や水害対策に

工事

耐候性の高い製品が主流

麻やポリエチレンなどを素材とする袋に土砂を詰めて設置される土のうは、集中豪雨で洪水が発生した際に住宅や商店等への浸水被害を防ぐ目的でもよく使われます。このような土のうには袋の素材やサイズ・形状によってさまざまな種類があり、土木工事用としてトン単位の土砂を収納できる製品も見られるほどです。道路工事や河川工事などもそうした土のうが活躍している分野ですが、一時的に浸水を防ぐ目的で使われるケースと違って土木工事では何よりも耐久性が重視されます。袋に使われている素材はそのままでは紫外線を浴びることで劣化し、中身の土砂が流出して崩壊を招きかねません。特に河川の堤防工事では耐候性の高い大型土のうをのり面に積み上げる積層工法により、増水時にも持ちこたえられるだけの耐久力を発揮するものです。使われている袋には圧縮強度や耐衝撃性といった性能が求められ、強度を高めるには変形特性や摩擦特性などの数値も考慮しなければなりません。堤防や道路・宅地などを支えるのり面は大雨の影響を受けて崩壊する危険性もあるため、場合によってはコンクリート工事を行って保護する必要も出てきます。そうしたコンクリート工事には多額の費用が避けられないことから、予算の関係で土のうを利用したのり面保護工事が行われる事例も少なくありません。工事の際に在来植物の種子が埋め込まれた植生土のうを利用すれば、のり面の緑化も実現可能です。UVカット性能を備えた大型耐候性土のうと並んで、自然環境に溶け込める植生土のうはさまざまな活用方法が考えられます。土木工事を請け負う建設会社にとっては、土のう袋に土砂を詰める作業の手間も人件費の増大につながりかねないため無視できない問題です。最近では水を吸収させるだけで何倍にも膨らむ吸水タイプの土のうが土木工事でも人気を集めており、土砂詰め作業が不要になることから人件費の節約に貢献しています。

Copyright© 2018 土のうの注文【スムーズな申し込みができちゃう】 All Rights Reserved.